スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新装開店

new.jpg


自分のサイト自体をガラリと新しくしたのに伴い、ブログもテンプレート作り変えました。

新しくする前はタブ上に出るだけだったから忘れていたけど、ちゃんとサイトに名前がありました。
大学の入試で描いた作品のタイトルなので、自分の中では縁起が良いです。
今回はどどんと真ん中に。

まだ作品ページが工事中でダミーなのではやくリンクつなげるようにします。


あと、5月にデザフェスに、たぶん雑貨店というカタチで出ます。
詳細は決まり次第出します~
スポンサーサイト

書籍「高校生×短歌」

tanka012.jpg


高校生×短歌。

今年の春、大学1年の締めくくりにやった展示に出した本です。
映像とか撮ってたのに締めくくりが歌集。

去年の夏に読んだ、穂村弘の歌集に度肝抜かれて、自分の中に起きてた短歌ブームをなんとか形にしたかったので、作った作品。

好きだ好きだと言っている高校生をテーマに書いた短歌。
高校生×短歌、で、もしかしたら高校生が書いた短歌だと思った人がいたかもしれない。
高校生が書いたっぽい感じをすこし大人が笑ってみるっていうのを狙って作ったのだけどどうだっただろう。

16歳から18歳を通過した人がみると大分こっ恥ずかしい内容。
それを書いた20歳。

で、今回もとにかく製本が!製本に!力入れました。
まさかの、ハードカバー製本、しかもオール手製。
さらに、約30冊も、1人で(笑)


展示場所が吉祥寺の素敵なカフェで、私の作品はお店のテーブル一つ一つにメニューなんかと一緒においてもらうことになったので。
ペラ紙にホッチキスじゃあ威厳がなくて馬鹿にされるかなとちょっと怖くなったんでとりあえず外身だけでも、キチンとしようと。

しかし3冊目くらいまでは楽しく出来たけど、30冊は業者の仕事だなと痛感(笑)

切って束ねて穴あけて縫って
ボール紙で挟んで外紙貼って乾かして
押して跡つけて締めて圧加えて乾かして・・・

信じられないくらい工程があって、ハードカバーなめてた。
最後のほうは手の感覚がなくなってて、指の腹が腫れてたし(笑)



でも時間がたって、割と楽しかったなあとか思い始めてしまっているので、また、やるかもしれない。
懲りないです。


展示「i see. いまみてる わかった」

3/25から3/31まで、吉祥寺に最近新しくできたCAFE ZENONという場所で、グループ展を行っています。


「 see.」
いまみている
わかった


約1年の間、同じ美大受験予備校の同じ映像科で、同じ時間・同じ課題を共有して、同じ「大学に受かる」ための作品を作り続けた17人が、それぞれ大学に入り、今度はみんな全然別の目的だったり表現だったりをしている。

だけど変わらずみんな「何か作ってる」。 そんな展示。

i see. っていうのは英語圏のポピュラーな相槌?らしい。
「うん」とか「わかった」とか。それに私が見てるっていう意味もかけて。


ムサビ、造形、芸大、日芸(人数が多い順)のそれぞれなんとなく映像関連っぽい学科に入ってる17人だけど、作品出揃ってみれば、絵画・写真・映像・イラスト・立体・文章など表現方法は本当に様々で飽きずに楽しめると思います。



私の作品は、カフェの全テーブルにメニューなどと一緒に置いております、本です。


「 高校生 × 短歌 」


現物の写真撮り忘れたのでそれはまた今度。

高校生をモチーフにみそひともじ、短歌を書いた本を出しました。
中身は短歌と高校生の写真です。

「授業」とか「テスト」とか「昇降口」とかそういう感じの高校生を連想する単語を交ぜたむつかしくない短歌です。
口語がいっぱい。
わりと字余りとかもある。

例えばこんなの


[ 席替えは隣じゃなくて後ろがいい ずーっとずっと見てられるから ]


だいぶこっぱずかしいもの多数(笑)
こんな感じの、モチロン恋愛っぽいの意外も、とにかく高校生!とか青春!とかそういうのを感じられるような短歌を30~40収録しました。


各テーブルに1冊ずつ置いてあるはずなので、食べ物飲み物を注文し、それが出てくるまでの間にでも読んでみてください。
暇つぶしに調度いい!を念頭に入れて作ったので、気楽に読めるはず。


カフェでの展示で、作品だけみるっていうのは出来ないそうなので、お昼ご飯など食べるついでにいらしてください。

「CAFE ZENON」吉祥寺に来た際はぜひ!

DVD「2009 Mau ArtFestival Hermit」

hermit.jpg

10/31~11/3の4日間、武蔵野美術大学芸術祭で行われたファッションショー「Hermit-世捨人-」のDVDを作りました。

以前このブログにも書いたように、このファッションショーで私はは映像制作を担当していて、ショー中はOP・ED映像制作などをしておりました。

そして芸祭終了後、ショーの様子を記録した映像でDVDを作って欲しいと企画部から頼まれたので今度はDVDを。
折角作るんだったらCDケースにDVD一枚入れて渡すより、『パッと見ソレっぽい』感じがいいよねと、DVDのトールケースを大量発注してソレっぽく(笑)
スタッフやパフォーマーの方達に向けて作りました。


芸術祭は当時(夏休み前)持ってる力だけではどうやっても応えられない要望や課題が沢山あって、それになんとか応えるために文字通り120%の力を出しました。
そのおかげで、人にも喜んでもらえて自分も満足できてさらにスキルアップして…と良い事尽くめの企画参加になりました。

疲れたりもしたけど楽しかったです。

あけましておめでとうございます。

2010_01.jpg

年賀状を作りました。
マスキングテープ可愛い。

ちょっと考えが足らず、なんの補強もせず出したので届くまでに破損して「A HA PY N W YEAR」とかになってるかもしれない。

今年もどうぞ詰めの甘い私をよろしくお願いいたします。

2010_02.jpg<横位置のやつ>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。